腰痛おじさんの大発見

 



歩くのもままならず、夜も寝られないほどに


悪化した坐骨神経痛を・・・・・

しかもわずか一週間のお金いらず


運動療法


ここに僕が発見した坐骨神経痛改善方法を

あなたにも公開します。




はじめまして!


発行人の藤元と申します。


初めに簡単な自己紹介させていただきます。

 

自己紹介

 氏名 藤元庸市




大手通信機メーカーで20年空手道部在籍指導


東京都公認スポーツ指導員


退職後会社設立


現在フリーランス

 腰痛防止対策研究会主宰





僕は50代のある日突然 坐骨神経痛 を発症しました。



朝、いつものように起き上がろうとしたところ急激な痛みが

腰と下半身に発症し、いつもの通り起き上がることができません。

体をねじることもできません、一瞬何が起きたのかわかりませんでした。

なんとか体を反転し両手をついて起き上がることが出来ましたが

その痛みはしばらく続き、歩くこともままなりません


原因がわからずとりあえず医者に診てもらったところ、

 

脊柱管狭窄症を原因とする坐骨神経痛と診断されました。


この時初めて坐骨神経痛は病名ではなく症状ということを知りました。


そして治療方法として勧められたのは手術療法でした。

しかし、バカ高い手術費用(200万~300万)

保険を使って7080万)と


1か月間の入院必要とのことでした。


僕にはとても入院なんかできる状況ではないので


その他のいくつかの保存療法試すことになりました。


しかし全て結果は思わしくなく
時間と沢山の治療費用だけを


浪費してしまいました


そして、最後にたどりついたのがなんと



自分で発見した誰でも簡単にできる治療方法でした。

 

その治療方法とは?

お金をかけなくても、手術もしなくて


場所を選ばずどこでもできる簡単な運動療法だったのです

 

手術療法はたまに治療後の身体の一部不随が報告されています。


最終的な治療方法と考えたほうがいいでしょう。

 

僕は武道の経験が長くあり、指導もやっていました。


部員の中にも腰痛の問題を抱えているものが何人かいましたが

 

重傷を除いてはほとんど運動療法で治してきた実績があります。


坐骨神経痛は加齢からくる原因がほとんどであり


一般の
腰痛とは原因が大きく異なります。

医者に坐骨神経痛と診断され、高額な費用と入院の負担から

 

手術をあきらめた僕は手術以外の保存療法を模索するなかで、ついに




自分で治せるお金いらずの運動療法

を発見したのです。


そのすべてをここに公開いたします。



同じように坐骨神経痛で苦しんでおられる皆さんに少しでも

 

お役に立てれば、うれしく思います。


それではここでこの本の内容の一部を紹介しておきます。

 

 

  内容の一部紹介

 

病院での問診

 病院で行われた初診の内容。

 

一般的な検査方法

 病院で行われる坐骨神経痛の判定のための

 検査方法について。

 

坐骨神経痛とは

 いくつかある腰痛の中で坐骨神経痛の特徴について

 どのような症状かまたその原因とは。

 

脊柱管狭窄症はなぜ起きるか?

 坐骨神経痛は脊柱管狭窄症を原因にしています

 その脊柱管狭窄症はどうして起きるのかの説明。

 

脊柱管狭窄症になりやすい人

 脊柱管狭窄症の原因は一番多い加齢を中心に

 いくつかあります。

 

一般的な脊柱管狭窄症の症状

 特徴的な脊柱管狭窄症の症状について

 例を挙げて説明しています。

 

僕の症状

 僕の発症した坐骨神経痛の症状についての紹介。

 

僕の実施した最初のころの保存療法

 いくつかある保存療法のうち僕が実施し全く効果のなかった

 3種類の保存療法を紹介しています。

 

一般的な治療方法

 一般的に脊柱管狭窄症で行われる治療方法について

 手術療法、保存療法について説明しています。

 

治療方法の見直し

 僕が最初に実施した保存療法で

 結果的に効果が見られなかったことに基づく

 見直し治療方法について。

 

僕の発見した治療方法の紹介(写真、イラスト入り)

 過去に実施し、全く効果のなかったいくつかの

 保存療法の見直しにもとづき、試行錯誤した結果

 発見した僕の治療方法の紹介。

 

 1)運動療法(6種類)

 

 2)運動療法と合わせて行った理学療法(3種類)

 

 3)マグネット粒ツボ療法(詳細図付き)

 

日常生活の注意事項について

 7項目について説明。

 

予防についての説明

 

その他の痛み緩和方法

 最近発見された自然界に生息する7種類の

 動植物を利用した痛み緩和方法の紹介。

 

最後の神頼み

 霊験あらたかなる腰痛守護の神仏の紹介

 腰痛守護の神仏で知られるスポーツ選手に人気の高い

 神仏習合のお寺の紹介。

 

 

以上ポイントとなるところは全て写真、イラスト入りで説明しています。

全 109 ページ

 

運動療法のメリット

 

1、金銭的な負担がない。

2、薬物療法のように薬を飲む必要がない。

3、副作用がない。

4、手術などの高額費用(200万~300万)保険を使って(70万~80万)

  負担から解放される。

5、自宅でも外でも自由な時間にできる。

6、自分でゆっくり力加減しながらできるので最近事故が多く、

 問題になっている整体療法に比べ安全。

 

最後にここで気になるこの本の販売価格

のお話をしましょう。

 

この本は僕がそれまでの経験を踏まえて試行錯誤して

編み出した坐骨神経痛改善のための運動療法です。

 

副作用もなくどこにいても安心して出来ます。

お金もかかりません。

 

販売価格設定にあたり下記の治療料金を参考にしました。

 

1、手術した場合の費用200万~300万(保険を利用して70万~80万)

2、ブロック注射した場合の費用14000円前後

3、薬物治療の場合の費用 15000円前後

4、針治療の場合の費用 15000円前後

5、整体治療の場合の費用 15000円前後

6、温泉療法の場合の費用 11000円~15000

 

手術治療を除き1回で完治することはなく、

治療期間と治療代は莫大になります。

 

これらを参考にした結果、整体料金の1回分の料金で更に

Eメールサポート付きで4,800円にさせていただきました。

(冊子版の場合別途1800円かかります)

 

★販売方法はダウンロード方式で安全確実な「インフォカート」の

決済方式を使わせていただきます。

 

 

お申し込みはこちらから

 腰痛おじさんの大発見

医者に手術を勧められた坐骨神経痛を

自分で治す方法を発見した



ご購入はこちら
 

 

 

よくある質問

 

Q1 サポート問い合わせは何回でもできるのですか?

 

答  回数に制限はありません。

期間は御購入後1年間です

Eメールにて何回でも質問できます。

  但し一日ぐらいの余裕をみてください。

近ければ訪問して現場指導します。(交通費だけは別途ご負担ください。)

 

  

 

Q2 運動療法は一日何回行えばいいですか? 

 

  すべての運動を全部やる必要はありませんが、本文で紹介している

僕の運動療法1の(1)と(3)だけは毎日1回は実施してください。

症状にもよりますが早ければ1週間から効果がでます。

(朝起きてすぐは体が硬いので止めてください。)

 


 

Q3 他で紹介している治療法と合わせてやってもかまいませんか?

 

答 全く問題ありません。

その方が早く改善する場合もありますが以前の方法で効果が現れて

いないのであれば以前の方法は一旦止めて様子を観てみる方法もいいでしょう。

 


 

Q4  通販で紹介しているサプリメントや漢方薬と併用しても

かまいませんか?

 

  基本的に問題ありません。相乗効果は期待できますが

たまに皮膚の湿疹など副作用体質の方もおられますので

その場合は僕の紹介している運動療法だけにしてください。

 

 

 

Q5 現在整体療法をやっていますが止めた方がいいでしょうか?

 

  整体療法もいいですが効果が出ていなければ費用も

  かかりますので整体療法を、一旦止めて様子をみた方がいいでしょう。

 


 

Q6  ダウンロード販売とはどのような販売方法ですか?

 

  自宅のパソコンに電子書籍を取り込む方法です。

  全て安全、安心の「インフォカートの決済方式」を使用します。

  

    入金確認がとれますとダウンロードのための案内がメールで

  届きますので、案内にしたがってパソコンを操作してください。

 

誰でも簡単にパソコンに取り込めます。

取り込んだ書籍はパソコンに保存すればそのままいつでも読めます。

またプリンターなどで印刷していただいて後で読むこともできます。





                                                  腰痛防止対策研究会
                                  主宰 藤元庸市

 

                        

             

 

注)この治療方法はすべての患者さんに効果を保証するものではありません。

  効果は症状の原因と内容により個人差があります。

 

 

 

   特定商取引に基づく表示